小鳥を庭で飼う為のきん舎 小鳥の飼い方.com

小鳥を庭で飼う為のきん舎

   

小鳥を庭で飼う為のきん舎

きん舎とは屋外に設けて自然に近い状態で鳥を飼う為のケージです。

きん舎で飼うことができれば運動量も多くなり、小鳥にとってより健康的な生活が送れます。


場所

南向きか東向きにし、西日が当たるところは避ける。風通しが良くジメジメしないところを選ぶ。

大きさ

できれば1m×2m、高さ2m以上は欲しいところです。大きければ大きいほどよいが、設置場所にあった大きさにする。

屋根

半分だけの屋根にする。こうしておけば小鳥が自由に利用できます。水浴びを好まないインコ類は雨に濡れることで水浴びのかわりをします。

コンクリート製にして、その上に砂を敷き詰めて汚れたら砂を変えるようにします。

金網

蛇やネズミの侵入を防ぐために金網は3分め以下の細かいものを張る。

植え込み

低い木にして上を自由に飛び回れるようにする。

とびら

鳥が逃げないように2重扉にする。できない場合は、中開きにして内側に布や網などを垂らす。

きん舎というと一般家庭では無理というと印象を持たれがちですが、軒下を上手く屋根代わりにして手作りすれば十分可能です。

その鳥にあったものを多めにつけると好きなものを選びます。

エサ箱

2〜3羽に1つくらい用意する。屋根がある方に設けて雨に濡れないようにする。

前の記事>>鳥かごの選び方
次の記事>>小鳥の巣の種類と選び方


関連記事


  • 鳥かごの選び方
  • 小鳥の巣の種類と選び方
  • エサ箱と水入れの選び方
  • とまり木の選び方
  • 小鳥の飼い方.comページTOPへ