エサ箱と水入れの選び方 小鳥の飼い方.com

エサ箱と水入れの選び方

   

エサ箱と水入れの選び方

小鳥にとってもエサを食べたり、水を飲んだりすることは楽しみです。

そのための容器にはいろいろな種類のものがあります。鳥の身になってより良いものを選んであげましょう。


エサ箱

金網製の鳥かごには金網にひっかける専用のエサ箱と水入れがついています。

庭箱などついていない鳥かごの場合は床に置くエサ箱を入れます。

小判型の陶器で出来たものが良いでしょう。プラスチック製のものもありますが、軽いので小鳥がひっくり返してしまうことがあります。

いずれの場合も上の縁が内側に向かって巻き込むようになっているものが良いでしょう。

わずかな違いですが、これによってエサが飛び散るのを防ぐことができます。

筒型の自動給餌器もあります。エサが汚れず清潔が保てますがあまりお勧めできません。

鳥はエサを選んで食べる習性があり、それができなくなってしまうからです。

また、途中でエサが詰まって出なくなってしまったら大変です。

水入れ

水入れは原則としてエサ箱と同じものを使います。

自動給水器は、水が汚れず衛生的です。エサと違い詰まる心配もありません。

ただ、水が汚れなくても必ず毎日水を取り替えましょう。

フィンチやカナリアなど水浴びをする鳥はほかに水浴び用の水入れが必要です。

青菜さし

青菜の鮮度を保つために必要です。青菜さしに水を入れ、そこに青菜を差し入れて与えます。

筒と取っ手が長く安定したものを選びます。鳥は床に落ちている青菜は食べませんから、青菜が抜けないようにすることが大切です。

ボレー粉入れ

カルシウムを補給するボレー粉を与えるのに使います。

インコやカナリア類などにはイカの甲を与える場合もありますし、ハト用の塩土もやります。

前の記事>>小鳥の巣の種類と選び方
次の記事>>とまり木の選び方


関連記事


  • 鳥かごの選び方
  • 小鳥を庭で飼う為のきん舎
  • 小鳥の巣の種類と選び方
  • とまり木の選び方
  • 小鳥の飼い方.comページTOPへ