セキセイインコを長生きさせる毎日の世話の仕方 小鳥の飼い方.com

セキセイインコを長生きさせる毎日の世話の仕方

   

セキセイインコを長生きさせる毎日の世話の仕方

セキセイインコに限ったことではありませんがペットを飼育している以上、毎日の世話は欠かせないものです。

飼育者の世話の仕方一つでセキセイインコを病気にさせてしまうこともあれば、逆に全く病気とは無縁で元気に過ごせることもあるのです。


そんなセキセイインコの健康状態を左右すると言っても過言ではない毎日の世話について細かくご紹介いたします。

毎日の世話は決まった時間に行う

セキセイインコは早起きで時間に正確な生活を送っていますので、毎日の世話も毎朝決まった時間に行うようにします。

餌やりや掃除など毎日の世話の時間をきちんと守ることで、セキセイインコは時間になるとこの人からエサをもらえるうえに鳥かごを綺麗にしてもらえると学習し、信頼関係が築かれていきます。

毎日の世話の流れとしてはまず、朝一番に普段と変わった様子がないか健康チェックを行います。

普段からしっかり観察をしていると、調子の悪いときにはどこかいつもと様子が違うことに気がつくはずです。

行動や鳴き声、エサの減り具合や糞の状態など細かいところに気をつけて確認することで病気の早期発見にも繋がります。

セキセイインコの状態がいつもと変わりなく元気ならエサ箱、水入れ、青菜さしの掃除と交換を行い、かごの掃除も行う日にちを決めてこのときに行うようにします。

エサの交換は、エサに向かって軽く息を吹きかけると殻が吹き飛びますので減った分の新しいエサを補充するようにします。

エサはエサ入れに満タンにはせず、半分から3分の1くらいにしておくとセキセイインコがエサを食べるときの飛び散りが少なく無駄が減るうえに、エサの交換サイクルが高まるので常に新しいエサを与えることができます。

セキセイインコはくちばしの形が他の小鳥とは違った独特な形をしているため、エサ箱の中に入ってエサを食べる習性がありますので必然的にエサ箱の中が汚れやすくなります。

よってとくにエサの衛生面には気をつけたいものですので、エサは少なめに入れておき、汚れたら全交換できるようにしておきます。

水入れは汚れている箇所があれば水洗いをし、新しい水を入れてあげます。セキセイインコは水浴びをしないので水は汚れにくい方ですが、見た目に汚れていなくても必ず毎日新しい水に交換します。

エサの交換や掃除など朝の世話がひと段落したら日光浴をさせてあげましょう。

日光浴は午前中の柔らかい日差しの中、2時間程度行うのが理想ですが、真夏の直射日光や真冬の低温時などには、たとえ午前中でも配慮が必要なときもありますので注意が必要です。

また日光浴を行う場所もセキセイインコが安心してのんびりできるような場所を選ぶようにします。

健康チェック、鳥かご内の掃除と餌やり、日光浴これらの世話を毎日欠かさず行うことで小鳥を元気に長生きさせることが出来ると言っても過言ではありません。

セキセイインコが病気になってから慌てるのではなく、毎日の世話をしっかり行うことでセキセイインコを病気にさせないようにしましょう。

単独飼育の注意点

セキセイインコは丈夫で飼いやすい鳥ではありますが、野生では群れで生活しているため、一羽で飼うと寂しさからなのかストレスを溜め込みやすくなるようです。

よって一羽で飼っている場合には複数羽飼育の時以上に毎日少しでも時間をとって遊んであげるようにしましょう。

前の記事>>セキセイインコの特徴と飼い方
次の記事>>セキセイインコの繁殖と雛(ヒナ)が巣立つまでの時期


関連記事


  • ジュウシマツの特徴と飼い方
  • ブンチョウの特徴と飼い方
  • カナリアの特徴と飼い方
  • 小鳥の飼い方.comページTOPへ