セキセイインコのヒナの飼い方とさし餌の与え方 小鳥の飼い方.com

セキセイインコのヒナの飼い方とさし餌の与え方

   

セキセイインコのヒナの飼い方とさし餌の与え方

自宅で生まれたヒナであれば親鳥が子育てをするので問題ありませんが、ペットショップなどでヒナを購入した場合や、生まれたヒナを手乗りとして育てたい場合には自分で育てなければなりません。

そのために必要な道具や親鳥とは違う、ヒナにとって最適な飼育方法をご紹介いたします。


ヒナを育てる為に必要な道具

ヒナは親鳥と同じような鳥かごで育てることはできませんのでヒナ用のケージを用意しなければなりません。

ヒナの飼育ケージとして用いられるものにはふごやプラケース、水槽、ますかごなどがあります。

ふごとはワラでできた鳥の巣のようなもので、まだ羽根の生えそろっていない生まれたばかりのヒナを育てるのに向いています。

蓋が付いており、保温性もあるうえにワラでできているのでヒナにとっても巣の中にいるような感覚で落ち着けるのでしょう。

生まれたばかりのヒナは寝ている時間が多いので基本的には蓋をして静かに寝かせてあげ、挿し餌の時間だけ蓋を取るといった使い方をします。

ワラでできているという性質上、プラケースや水槽に比べて掃除の点でやや不衛生になるのがふごの欠点ですので中にティッシュなどを敷き詰めて汚れたらこまめに交換するようにします。

その点、ますかごはプラスチック製が基本で掃除がしやすく、通気性がよいのがメリットです。ますかごはやや成長し、羽根が生え揃ってきたヒナなどに最適なケージです。

プラケースはふごなどに比べてヒナが見やすいことと、保温性に優れていることがメリットですが、逆に上部を密閉してしまうと蒸れやすくなるので通気性のよい蓋を使用するなどして蒸れないように気をつけます。

ケージのほかにもヒナに与えるエサを作るための小さなすり鉢やすりこ木、エサを与えるためのスプーンなどもあると便利でしょう。

またヒナに最適な温度を維持するための保温器具も必要な道具の一つですが、その話はヒナに「最適な温度と湿度」の項でご紹介いたします。

ヒナの飼い方

ヒナ用のケージにどのタイプを使うにしても、中にはティッシュやワラなどをヒナの足が隠れる程度の厚さに敷き詰め、汚れたらこまめに交換するようにします。

ケージ内に入れるものは基本的にはこれだけで、エサ入れや水入れなどは必要ありません。

温湿度管理の面で温湿度計を入れておくと常に確認ができるのでオススメですが、必ずなくてはいけないというものでもありません。

ヒナを健康的に育てるために大切な事は温度管理・エサ・衛生面の三つに気を付けることですので、ひとつずつ細かく見ていきましょう。

ヒナに最適な温度と湿度

生まれたてのヒナはまだ羽根が十分に生えそろっていないため自分で体温保持をすることができませんが、本来なら暖かい親鳥や兄弟ヒナに囲まれて巣の中で育つので問題ないのです。

しかし、ヒナを一匹で飼う場合には体温を維持できるように暖かくしてあげなければなりません。しっかりとした温度管理を怠り、体を冷やしてしまうと下痢などをして体調を崩すことがあります。

ヒナに最適な温度は約28℃、湿度は50%~60%がベストとされており、ヒナが羽根を膨らませてじっとしているようなときはさらに30℃くらいまで温度を上げてあげるようにします。

ケージの保温にはケージの下にペット用ヒーターを置いたり、ペット用の保温電球を使う方法があります。

ペット用ヒーターを使用する場合にはケージ全面に敷かずに暖かい場所と涼しい場所を作り、ヒナが自分でちょうどいい温度の場所に移動できるようにしてあげます。

ヒナに与えたい餌の種類

ヒナのエサは日に日に成長する体を作るものなので栄養バランスがとても重要です。

ヒナの時期にどのようなエサを食べたかによって大きくなってからの健康状態が決まると言っても過言ではありません。

小鳥を健康的に長生きさせるためにもヒナの時期のエサはしっかりとしたものを与えるようにしましょう。

ヒナ用のエサにはアワ玉やヒナ用に配合されたパウダーフードなどがあります。

アワ玉とはむきアワに卵黄をまぶしてたんぱく質を加えたもので、繁殖のときの親鳥のエサとしても使われます。

昔から小鳥のヒナのさし餌と言えばアワ玉でしたが、アワ玉だけでは栄養は十分ではありませんのでビタミンを補う青菜やカルシウムを補うボレー粉などを加えて必要な栄養を補うようにします。

アワ玉は殻をむいたアワが市販されているので卵黄をまぶして作りますが、卵黄をまぶした状態のアワ玉として販売されているものもありますので自家製アワ玉を作るか、手間も省いたものにするかを選ぶことが出来ます。

パウダーフードはヒナに必要な栄養素が全て配合されており、粉をお湯で溶いて与えるタイプのエサです。

栄養バランスだけを考えるとパウダーフードのほうが良いように見えますが、パウダーフードはアワ玉に比べて消化が早いので回数を多く与えないといけません。

その点、アワ玉はヒナが満腹感を感じやすく、消化に時間がかかるのでさしエサの回数も少なくて済みます。

このようにパウダーフードとアワ玉には長所と短所がありますのでお互いのメリットを生かし、パウダーフードとアワ玉を混ぜて与える方法もあります。

ここまではヒナのエサの種類についてご説明しましたが、ヒナにはエサだけではなく水も必要ですので、はじめのうちはスプーンやへらで口元に垂らすようにして与えましょう。

ヒナが指につかまれるようになったら、そのまま水入れにくちばしをつけてあげると自分で飲むようになります。

挿し餌の与え方と量

ヒナに与える挿し餌の量は、ヒナがお腹いっぱいになるまで与えて問題ありません。朝起きてから2時間~3時間おきに与え、夜は9時頃を最後とします。

野生で生活している鳥の1日をイメージすると朝起きた親鳥が餌を取りに行って餌を運んでくる。そして夜になったら一緒に寝るので餌は与えないといった感じです。

ただ、「ヒナがお腹いっぱいになるまで」とはどの程度なのか、はじめのうちはわからないかもしれません。

基本的に1回のさし餌の量はヒナの体重の10%位と考えてください。さし餌を与えていてヒナが口を開けて欲しがるうちはあげても問題ありません。

他にも確認する方法があり、そのうがいっぱいになるまであげても大丈夫です。

そのうとは食道の一部がエサを蓄えるために発達した機能で、まだ羽根の生えそろっていないヒナは喉元のそのうが透けてエサが入っているのが見えるのでそっと触ってみて張っていたらさし餌は十分足りているということになります。

挿し餌の時期

さし餌のみを与える時期は生後3週間位から4週間くらいまでで、その後は自分でエサを食べられるように練習していきます。

ヒナにも個体差があるのでヒナの成長具合を確認しながら進めていくのが理想ですが、生後3週間くらいのヒナは体全体の羽根が生えそろい色合いもはっきりしてきますので、そのころにはふごは卒業し、ますかごかプラケースで飼うようにします。

さし餌は継続しますが、さし餌と同時に自分でエサを食べる練習をするために足元に紙を敷き、そこにむき餌や乾いたアワ玉などを撒きます。

最初のうちはかじって遊んでいてもだんだんと食べるようになりますので、徐々にさし餌を減らしていきます。

自分でエサを食べるようになったら浅いお皿などをエサ入れとして設置し、そこにむき餌や乾いたアワ玉、砕いたボレー粉などを入れます。

また水も自分で飲むようになりますので忘れずに水入れも設置してあげましょう。

エサを切り替える時には毎日体重を確認し、さし餌の量を減らしたことによって体重が減ってしまうようならさし餌を続けるようにします。

遅くても6週目くらいまでにはさし餌を卒業できるようにしていきましょう。

ヒナが餌を食べない

ペットショップなどでヒナを購入してきた場合にはすでに餌付けされ、ある程度人に慣れていますが、自宅で産まれたヒナは慣れるまで自分から口を開かないこともあります。

そのような時はくちばしの先からつけねのほうにエサを乗せたスプーンを2、3回滑らせるようにすると口を開けて食べるようになります。

それでも口を開けないときには、多少強引にでも口を開けさせてエサを食べさせます。2、3日もしてエサを認識し、人に慣れてくれば自分から口を開けるようになります。

上記のような初めての餌付けとは違い、今まで普通にエサを食べていたヒナが急に食べなくなったとなると原因を探さなくてはなりません。

考えられる原因はいくつかあり、一つ目が与えているさし餌が冷たいとヒナは食べません。

初めは食べていても与えている間に冷めてしまい冷たくなると食べなくなるということもあります。

さし餌の温度は38℃~40℃くらいを保つようにします。

その理由として本来、親鳥が食べたエサを吐き戻してヒナに与えるので親鳥の体温程度の温度となるのです。

ヒナは教えられなくともそのことを本能で学んでおり、親鳥の体温より著しく低い温度になってしまったエサは食べないのです。

また作り置きをして数日に渡って与えるような与え方もエサが古くなり、ヒナが受け付けなくなることもありますので、必ず毎回新しいエサを作って与えるようにします。

購入したヒナが餌を食べないときなどは家にくる前になにを食べていたのかをチェックしてみましょう。

ショップでアワ玉を食べていたヒナに突然パウダーフードを与えても食べないことがありますので、今まで食べていたエサを確認しておき、ほかのものに変えるのであれば徐々に切り替える必要があります。

アワ玉からパウダーフードに切り替えたいのであれば、はじめはアワ玉にパウダーフードを混ぜるなど工夫してみましょう。

ペットショップでどのようなエサを食べていたのかも聞いておくとよいでしょう。

前の記事>>セキセイインコの繁殖と雛(ヒナ)が巣立つまでの時期
次の記事>>カナリアの特徴と飼い方


関連記事


  • ジュウシマツの特徴と飼い方
  • ブンチョウの特徴と飼い方
  • カナリアの特徴と飼い方
  • 小鳥の飼い方.comページTOPへ