大人の猫でもトイレのしつけはできる!成猫がトイレを覚えない理由としつけ方

※この記事では広告を表示しています。

大人の猫のトイレのしつけ

大人の猫でもトイレのしつけはできる?

成猫がトイレを覚えない理由は?失敗はあるもの?

成猫のトイレのしつけ方法とは?

猫のトイレのしつけ直しも同じやり方で大丈夫?

こんな大人の猫のトイレしつけに関する疑問についてご紹介いたします。

大人の猫でもトイレのしつけはできる?

大人の猫でもトイレのしつけは可能なのか?

この質問に対する答えは、もちろん可能です。

しかし、大人の猫にトイレを覚えてもらうには、正しいしつけ方と猫への理解が必要となります。

成猫のトイレのしつけは、その猫がこれまでの生活でどのような経験をしてきたかに大きく左右されます。

猫は生後数週間で自然にトイレの仕方を覚え、本能的にトイレを使うことができますが、それは適切な場所と環境が与えられた場合の話です。

したがって、成猫がこれまでにトイレの使い方を覚えていなければ、トイレの仕方を教えるのは一筋縄ではいかないこともあります。

また、トイレのしつけを行う上で重要なのは、トイレを使う行動が猫にとって何らかの形で「報酬」をもたらすということを認識させることが必要です。

猫がトイレで排泄した後には、その行動をすぐに褒めてあげたり、おやつをあげるなどの愛情表現を与えることで、トイレを使う行動が「良いこと」であると猫が学習していきます。

成猫がトイレを覚えない理由は?失敗はあるもの?

成猫がトイレを覚えない理由としては、様々な要因が影響しています。

なぜ、猫がトイレを覚えないのか。

なぜ、たまに失敗して粗相をしてしまうのか。

などの原因を理解し、対策を講じることでトイレのトラブルは大幅に改善されていきます。

トイレの場所が猫にとって理想的ではない

まず、一つ目の理由として考えられるのは、トイレの場所が猫にとって理想的ではない場合です。

猫は自己防衛の本能が強く、自分が排泄をする際に安全な場所を選びます。

トイレが通行人から見えやすい場所や騒音が多い場所に設置されていると、猫はその場所で排泄をすることを嫌がる可能性があります。

トイレの砂が気に入らない

次にトイレの砂が気に入らない場合も猫がトイレを使わない理由となります。

猫の中には、砂の質感や香りにこだわりを持つ猫も多く、特定の砂を嫌がることがあります。

特に成猫の場合には子猫と違い、今までトイレをしていた環境と全く違った環境だと戸惑うことが多くなります。

そのため、トイレの砂の種類をいくつか用意してみて猫が好きな環境でトレイができるようにしてあげましょう。

トイレが汚れていて綺麗ではない

トイレの清掃状況も猫がトイレを覚えるかどうかに影響します。

猫は清潔さを好む動物ですので、トイレが汚れているとトイレを避ける傾向があります。

したがって、トイレは常に清潔に保つことが重要です。

猫がストレスを感じている

猫がストレスを感じている場合もトイレを使用しない可能性があります。

新しい家族が加わった、引っ越しをした等の大きな環境の変化が原因になることもあります。

よって新しく大人の猫を迎え入れた時なども、今までの生活環境と大きく変わる為、猫がストレスを感じることがあります。

猫が病気にかかっている

猫が何らかの病気に罹っている場合もトイレの外で排泄することがあります。

疾患による排泄困難やトイレが痛みを伴う場所として認識してしまっている場合などに問題を起こす事があります。

病気が原因でトイレを使わない場合は、ただちに獣医師の診断と治療が必要となります。

成猫が粗相をするようになってしまった

例えば、トイレの場所が変わる、新しい砂を導入する、大きな環境の変化があるなど、猫のトイレ習慣を変える要素が変化すると、一時的に失敗が起こることがあります。

そのような時には、新しい環境に慣れるまでの時間が必要ですので、猫が新しい状況に対応するために時間をかけて見守ってあげましょう。

このような状況での失敗は、猫のストレスレベルを最小限に抑えながら環境の変化をゆっくりと導入することで緩和することが可能です。

トイレの砂を変えた場合でも、猫は新しい砂に対する違和感から一時的にトイレを使用しないことがあります。

そのような場合には新旧の砂を混ぜるなどして、徐々に猫が新しい砂に慣れるようにすると良いでしょう。

成猫のトイレのしつけ方法とは?

成猫のトイレのしつけには時間がかかることを理解し、辛抱強く取り組むことが大切です。

一度失敗したからといって、そのままあきらめてしまわずに、繰り返ししつけを継続しましょう。

適切なトイレの場所を選ぶ

まず最初に行う事は適切なトイレの場所を選びます。

トイレの場所選びは非常に重要なステップであり、その場所が猫にとって安全でプライベートな場所であることが重要です。

猫は排泄する場所と食事する場所や寝る場所を分ける傾向にありますので、トイレは寝床や食事の場所から適切な距離を置いて設置します。

なるべく静かでプライバシーが保たれ、排泄した後の掃除が簡単にできる場所を選ぶことをお勧めします。

また、トイレの場所はできるだけ変えず、一貫性を保つことが重要です。

しつけの過程で何より重要なことは、猫がトイレの場所を覚えるまで環境を変えないことです。

頻繁に場所を変えてしまうと猫が混乱し、トイレを覚えにくくなります。

猫がトイレを失敗しても怒らない、叱らない

猫がトイレを失敗したり、使い方を間違えた時には絶対に叱らないようにしましょう。

トイレの失敗を叱ってしまうと猫がトイレを怖がる原因となり、トイレを使用することを避けるようになってしまいます。

間違えたことを理解してもらうためには、失敗した場所を静かに清掃し、再度正しいトイレの場所を教えましょう。

トイレの環境を整える

トイレの形状や猫砂の種類など、トイレに関する環境を猫が快適に感じるものにすることも重要です。

さまざまな種類の猫砂がありますが、猫の好みに合わせることが一番です。

もし新たに猫砂を導入する場合には、一度に新しいものに変えるのではなく、少しずつ混ぜて慣らしていくという方法もあります。

トイレを常に清潔に保つ

トイレの清潔さも重要な要素です。

猫は自己清潔性に優れているため、トイレが汚れていると嫌がることが多いものです。

そのため、トイレは常に清潔に保つことを心掛けましょう。

毎日トイレの掃除を行い、汚れた猫砂を速やかに取り替えることが基本です。

猫がトイレを使用するのを見つけたら、即座に清掃し、いつでも清潔なトイレが使えるように心掛けましょう。

そのような管理を続けることで、猫はそのトイレが自分だけのものであると認識し、自信を持って使用するようになるでしょう。

猫がトイレを正しくできたらすぐに褒めてあげる

猫がトイレを使えるようになったら、褒めてあげることも重要です。

猫はポジティブなフィードバックに喜びを感じます。

そのため、トイレを正しく使ったときは褒める、おやつをあげるなどしてご褒美を与えると効果的です。

猫のトイレトレーニングは、一夜にして成功するものではありません。

特に成猫に対するトイレのしつけは時間と忍耐が必要です。

しかし、根気よく続けることで、成猫でも新しいトイレの習慣を身につけることが可能です。

猫のトイレのしつけは、飼い主と猫とのコミュニケーションの一つでもあります。

愛猫がトイレを正しく使えるようになると、そのことが二人の信頼関係を深めるきっかけにもなります。

愛猫が快適に生活できるよう、適切なトイレトレーニングを実施し、猫の健康と幸せを守ることが、飼い主としての重要な役割です。

成猫のトイレのしつけ方法は、一見難しそうに見えるかもしれませんが、基本的には猫の自然な行動と習性を理解し、それに沿った方法で進めていくことが大切です。

猫のトイレのしつけ直しも同じやり方で大丈夫?

成猫のトイレのしつけ直しも基本的には、今までご紹介した方法と同じやり方で大丈夫です。

しかし、成猫はすでに独自のトイレ習慣を学習している事が多いため、その習慣を変えるのは少々時間と努力が必要となる場合があります。

まずは、猫がトイレを嫌う理由を特定することから始めましょう。

トイレが汚れている、トイレの場所が好みではない、トイレの砂が気に入らないなど、理由はさまざまです。

これらの問題を解決することで、猫がトイレを再び使うようになる可能性があります。

次にトイレの環境を整えます。

トイレは、猫が安心して排泄できる静かな場所に設置することが理想的です。

また、トイレの周りはすっきりとさせ、猫が気にする障害物を取り除くことも大切です。

さらに、トイレの砂を選び直すことも有効です。

猫は砂の種類や感触にとても敏感です。

一度嫌いになった砂はなかなか使ってくれないため、新しい種類の砂を試すと良いでしょう。

猫がトイレを覚えるまでの間は忍耐強くトイレのしつけを続けます。

トイレで排泄したときは猫を褒めてあげましょう。

褒めてあげることで猫自身がトイレで排泄することが正しい行動だと理解するようになります。

もし猫がトイレのしつけ直しに抵抗する場合には、もう一つの選択肢として、一時的に新しいトイレと古いトイレを並べて置く方法もあります。

新しいトイレに徐々に慣れるまで、古いトイレも使えるようにしてあげることで、猫のストレスを軽減することができます。

成猫のトイレのしつけ直しは、確かに子猫のトイレのしつけよりも時間と努力が必要ですが、決して不可能なことではありません。

猫がトイレを再び使うようになるまで、根気よく続けましょう。

猫の性格や習慣を理解し、それに合わせたトイレの環境を提供することが、しつけ直しの成功につながります。

大人の猫のしつけまとめ

  • 成猫のトイレのしつけは、その猫がこれまでの生活でどのような経験をしてきたかに大きく左右される。
  • 成猫がトイレを覚えない理由にはトイレの場所が気に入らない、砂が気に入らない、環境の変化に戸惑っているなど様々な要因が考えられる。
  • 成猫のトイレのしつけの基本は、うまくできたらしっかり褒めてあげて、失敗した時には怒ったり、叱ったりしないこと。
  • 成猫のトイレのしつけ方法は、基本的には猫の自然な行動と習性を理解し、それに沿った方法で進めていくことが大切。

今回は成猫のトイレしつけに関する疑問についてご紹介しました。皆様の愛猫の世話の参考にしていただけると幸いです。

PR

-猫のトイレ