猫のトイレシートの交換頻度はどう決める?毎日交換すべき?

※この記事では広告を表示しています。

猫のトイレシートの交換頻度はどう決める?

猫のトイレシートの交換頻度はどのように決める?

猫のトイレシートは毎日交換するべき?

トイレシートの交換頻度が少ないと起こる問題は?

やっぱりコスパ?猫のトイレシートで人気の商品は?

こんな猫のトイレシートに関する疑問についてご紹介いたします。

猫のトイレシートの交換頻度はどのように決める?

猫と暮らすうえで、オシッコやうんちなどの排泄物の処理を適切にしてあげることは飼い主としてとても重要な世話の一つです。

猫のトイレにトイレシートを採用したいんだけど、交換頻度って実際のところどれくらいがいいのか?

こんな疑問に対して答えを探してみましょう。

まず、前提として猫は1日に2~3回ほどトイレをする生き物です。

これは他の動物に比べるとかなり少ない傾向で、その分他の動物よりはトイレの処理が楽になるケースもあります。

そのような理由から猫1匹の場合は一般的なトイレシート1枚で約1週間、猫2匹の場合は約3~4日程度が替え時の目安となっています。

しかし、猫の尿量はいつも一定であるわけではないので尿量が多い場合はここで示した日数よりも早い段階で交換してあげる必要が出てきます。

特に、シートの全面が濡れているようでしたらすぐに交換した方が良いでしょう。

交換予定の日までまだあるからと安心せずに、猫の健康チェックも兼ねて毎日確認することが大切です。

猫のトイレシートは毎日交換するべき?

いつでも猫のトイレは清潔にしておきたいんだけど本当に1週間に1回で大丈夫なの?と心配される方もいらっしゃると思います。

商品にもよりますが、猫用のトイレシートはそもそも数日間使用することを前提として作られていることがほとんどです。

その大体が1週間交換が目安となっていますが、中には3~4回程度の使用が交換の目安となっている商品もあります。

ここは商品によって変わってくるところなので、1番良いのは使用している商品のパッケージの記載を確認することです。

その時にトイレシートの匂いが気になったら交換予定日前でもついでに交換するのがいいかもしれませんね。

ちなみに、トイレケース自体を洗うのは1ヶ月に1回が目安となっていますので、猫のトイレを清潔に保つためにも忘れずに洗ってあげましょう。

トイレシートの交換頻度が少ないと起こる問題

もしずっとトイレシートを交換しなかったらどんな問題が起こるのでしょうか?

猫を飼っている以上、やはり猫と人間の双方に影響があるこの問題は気にかけておくべきだと思います。

猫が粗相をしたり、我慢したりするようになる

猫は綺麗好きな動物ですので、トイレがあまりにも汚い状態だとトイレの中に入ることを嫌がります。

その結果、トイレ以外の場所で排泄をしてしまったり、トイレを我慢し続けてしまったりするのです。

トイレを我慢し続けることは膀胱炎の原因になることがあり、猫の健康に影響が出てしまいかねません。

猫が満足するような清潔さを保つためにも、トイレシートの交換は最低1週間に1度は行うようにしましょう。

人畜共通感染症の原因になる

人畜共通感染症とは、その名の通り、人間と動物のどちらにも感染する感染症のことを指します。

長期間猫のうんちを放置しておくことでトキソプラズマやサルモネラ、寄生虫に感染される恐れがあります。

これらは幼児やお年寄りなどの体力のない人が感染すると重症化する危険もあるので、特に注意が必要になります。

また、妊婦がトキソプラズマに感染すると胎児に影響を及ぼしてしまう可能性があるため、妊娠中は猫のトイレの掃除は避ける必要があります。

猫だけではなく飼い主の健康を守るためにも猫のトイレシートの交換頻度には気をつけましょう。

やっぱりコスパ?猫のトイレシートで人気の商品は?

「猫のトイレシートって言ってもいっぱいあるからどれを選べばいいのかわからない。」

商品を選ぶうえで、誰しも一度はぶつかったことのある疑問ではないでしょうか。

今回はそんな方のためにおすすめの人気商品をご紹介いたします。

その名も、ユニ・チャームペットが発売している「デオトイレ 消臭・抗菌シート」です。

デオトイレ 消臭・抗菌シート

こちらの商品はネットショップでのレビューを見てみても評価の高いコメントが多く、星5つ評価を数多く獲得しています。

では「デオトイレ 消臭・抗菌シート」が高評価な理由はなんなのでしょうか?レビューで多い声をいくつかご紹介します。

吸収力と消臭力がピカイチ

商品の売り文句としてあるように1週間取り替えなくても漏れない吸収力と、持続性のある消臭力が高い評価を受けています。

中には1匹で1週間ももたないといった声もありましたが、それは猫によって尿量に個体差があるから仕方のないことです。

それでも3~4日は保つというレビューでしたので、尿量の多い猫でも数日間は取り替えなくて良いほどの吸収力の良さがしっかりとうかがえます。

シートタイプで片付けがしやすい

シートタイプの商品なので、取り替える際には端の方をつまんで処理することができ、手を汚すことなく簡単に片付けをすることが可能です。

ただし、吸水した尿量が多い場合は傾けると尿がこぼれる可能性があるので汚れても良い新聞紙などの上で処理をすることが推奨されています。

結局これが割安

安さだけで選ぶとするなら他の商品の方が良いのですが、デオトイレのシートと比べると吸収性に大きな差があり結局たくさんの枚数を使わなきゃいけなかったという声も多く見られます。

単価としては高いと感じても、やはり1週間もつ吸水力と消臭力との兼ね合いを考えるとデオトイレのシートの方がお買い得だということですね。

「デオトイレ 消臭・抗菌シート」の対応サイズは縦43×横29cmで十分な大きさです。

材質はポリオレフィン不織布、線状パルプ、吸水紙等が使われており水に溶けないため、もちろんトイレには流せません。

また、使用後のシートは燃やせるゴミとして処分することができますが、地域によってルールが異なる場合がありますのでお住まいの地域のゴミの出し方を確認すると良いでしょう。

猫のトイレシートの交換頻度まとめ

  • 猫のトイレシートの交換頻度は、お使いのシートにもよりますが、大手メーカーのものだと1匹で1週間を目安にしているものが多い。
  • 猫のトイレシートは毎日交換しなくても大丈夫!しかし、うんちの処理は排泄のたびに行った方が良い。
  • トイレシートの交換頻度が少ないと、猫の健康や衛生面での問題が目立ってくる。
  • 使用済みのトイレシートを長い間放置したままにしておくのは避けましょう。
  • 猫のトイレシートの商品は吸水力、消臭力バツグンの「デオトイレ 消臭・抗菌シート」が評価も高くオススメ!

今回は猫のトイレシートの交換頻度に関する疑問についてご紹介しました。皆様の愛猫の世話の参考にしていただけると幸いです。

PR

-猫のトイレ