猫のカリカリとウェットフードは混ぜて与えても大丈夫?混ぜるメリットや最適な割合とは?

※この記事では広告を表示しております。

猫のカリカリとウェットフードは混ぜて与えても大丈夫?

カリカリとウェットフードを混ぜて与えても大丈夫?

猫のカリカリとウェットフードを混ぜるメリットは?

カリカリとウェットを混ぜる時の注意点は?

カリカリとウェットフードを混ぜる割合はどのように決める?

こんな猫のカリカリとウェットフードを混ぜる時の疑問についてご紹介いたします。

カリカリとウェットフードを混ぜて与えても大丈夫?

猫がカリカリだけだとあまり食べてくれない時などに、カリカリとウエットフードを混ぜて与えても良いのか?

日頃から両方を混ぜて与えた方が猫にとって良いのか?

カリカリとウェットフードを混ぜて与えることは猫にとって様々なメリットがあります。

ただし、メリットの反面、当然いくつかのデメリットや注意点もありますので、気をつけなければなりません。

猫のカリカリとウェットフードを混ぜるメリット

猫のカリカリとウェットフードを混ぜるメリットには

  • 食事による水分摂取量の増加
  • 食事のバリエーションが増えるので飽きにくい
  • 栄養バランスの最適化
  • やり方によってはコストの節約ができる

などが挙げられます。

食事による水分摂取量の増加

ウェットフードはカリカリよりも水分量が高く、一般に75%以上の水分を含んでいます。

これに対し、カリカリの水分量は10%以下です。

猫は性質的に水を多く飲む習慣がないため、食事にウェットフードを混ぜることで、水分摂取を促し、尿路結石や便秘などのリスクを減らすことができます。

食事のバリエーションが増えるので飽きにくい

カリカリとウェットフードは、それぞれ異なる食感や風味を持っています。

これらを組み合わせることで、猫の食事の多様性が増し、食欲維持につながります。

カリカリとウェットフードを混ぜることで、猫の食べる楽しさを高め、食いつきを良くすることができます。

特に偏食傾向のある猫や、同じ食事に飽きやすい猫にとっては、食いつきを良くする効果が期待できます。

栄養バランスの最適化

カリカリとウェットフードは、それぞれ異なる栄養成分を持っています。

例えば、カリカリは高タンパク質や脂質を含み、ウェットフードはビタミンやミネラルが豊富です。

基本的にはカリカリだけでも猫の栄養バランスは保てるように設計されていますが、これらを混ぜることで、さらに栄養バランスの良い食事を与えることができます。

やり方によってはコストの節約ができる

カリカリとウェットフードは価格帯が異なるため、両者を混ぜて与えることで食費の節約が可能です。

カリカリを主食とし、ウェットフードをトッピングとして使用することで、合理的にコストを管理できます。

ここまではカリカリとウェットフードを混ぜて与えることによるメリットをご紹介してきましたが、注意点についても同時に理解しておく必要があります。

カリカリとウェットを混ぜる時の注意点

できるだけ同じ製品のカリカリとウェットフードを使用することで、栄養バランスが崩れるリスクを減らすことができます。

カリカリ(ドライフード)とウェットフードを混ぜる際の注意点は、猫の栄養バランスと健康を考慮した方法で行うことが重要です。

ウェットフードは、ドライフードに比べて水分量が多く、嗜好性が高いものが多いですが、栄養価が低い場合があります。

そのため、必ず「総合栄養食」と表示されているウェットフードを選ぶことが大切です。

これは、猫の健康維持に必要な栄養素がバランス良く含まれていることを意味します。

ウェットフードとドライフードの栄養成分が異なると、栄養バランスの偏りが生じる可能性があります。

同じ製品ラインのウェットフードを選ぶことで、カロリーと栄養のバランスを保つことができます。

カリカリとウェットフードの量を適切に調整することも重要です。

また、フードの切り替えは徐々に行うことが望ましいでしょう。

いきなりドライフードとウェットフードを混ぜて与えると、猫が食べなくなることもあります。

最初はウェットフードを少しずつ混ぜ、徐々に量を増やしていくなど猫の様子を見ながら行うようにしましょう。

ミックスフィーディングを始めたら、猫の健康状態を観察し、適切な量や組み合わせを調整することが重要です。

もし、下痢や嘔吐などの症状が現れたら、すぐにミックスフィーディングを中止し、獣医師に相談してください。

ウェットフードはドライフードより水分量が多いですが、それでも十分な水分補給も必要です。

これらの注意点を守りながら、カリカリとウェットフードを適切に混ぜて与えることで、猫の健康維持と食事の楽しみを増やすことができます。

カリカリとウェットフードを混ぜる割合はどのように決める?

カリカリとウェットフードを混ぜる割合は、猫の年齢、体調、好み、健康状態などを考慮して決定します。

一般的に、子猫はカロリーや栄養素の摂取が重要なので、カリカリ(ドライフード)を多めにし、ウェットフードを少なめにすることが推奨されています。

一般的には、ドライフードとウェットフードを7:3くらいの割合で混ぜて与えることが推奨されています。

ただし、猫の年齢や体調に合わせて割合を調整することが良いでしょう。

成猫の場合は、運動量や体重に合わせて割合を調整する必要があります。

一般的には、カリカリ6割、ウェット4割の割合が良いでしょう。

成猫は成長期を終えているため、バランスの良い食事が必要です。

シニア猫では、歯や歯茎の衰えに配慮し、ウェットフードを増やすことが望ましいです。

例えば、カリカリ5割、ウェット5割の割合です。

噛む力が衰えたり、消化器官の機能が低下していることを考慮する必要があります。

肥満気味の猫や特定の健康問題を持つ猫の場合、カロリー控えめのウェットフードを多めにすることが推奨されます。

例えば、カリカリ3割、ウェット7割などの割合です。

猫の好みに合わせて割合を調整することも重要です。

カリカリが好きな猫は、ドライフードを多めにし、ウェットフードが好きな猫は、その逆にします。

最終的な割合を決定する際には、猫の年齢や体調、好み、健康状態を考慮し、必要であれば獣医師と相談しながら決めることが望ましいです。

カリカリとウェットフードを混ぜるまとめ

  • カリカリ(ドライフード)とウェットフードを混ぜて与えることは一般的に問題ない。
  • 猫のカリカリとウェットフードを混ぜるメリットには、食事による水分摂取量の増加、食事のバリエーションが増えるので飽きにくい、栄養バランスの最適化、やり方によってはコストの節約ができるなどが挙げられる。
  • 急激なフードの変更は、下痢や嘔吐などの健康問題を引き起こすことがあり、いきなりドライフードとウェットフードを混ぜて与えると、猫が食べなくなることもある。
  • カリカリとウェットフードを混ぜる割合は、猫の年齢、体調、好み、健康状態などを考慮して決定すると良い。

今回は猫のカリカリとウェットフードを混ぜて与える時の疑問についてご紹介しました。皆様の愛猫の世話の参考にしていただけると幸いです。

PR

サイト内検索

-猫のご飯